奄美の水中撮影検査点検なら奄美DNA株式会社

水中ドローン撮影調査点検事業

奄美群島、奄美大島、加計呂麻島、喜界島、徳之島、沖永良部、与論島の水中を水中ドローンを使った水中撮影検査点検を受託しております。

日本では有史以前から、この広大な海や水資源を利用し、海上交通の活用、海洋空間の利用、資源の開発を行ってきました。

また昨今では水資源環境保全の責任も強く求められています。

一方で、これらに必要な調査や作業において、人材不足や危険を伴う作業が発生しています。
こうした現状から、遠隔操作型無人潜水機であるROV(Remotely Operated Vehicle)、水中ドローンが広く活用されつあります。

奄美DNA株式会社は、日本ROV協会の法人会員となり、2名のROV技能認定操縦士が在籍、奄美群島(奄美大島、喜界島、加計呂麻島、徳之島、沖永良部、与論島)で水中ドローンによる撮影、調査、点検を受託してまいります。

水中ドローンを使用することで危険を伴う人的な作業が排除できるほか、ドローンを使用することで潜水時間の制限なく作業を継続できるようになります。

 

 

PAGE TOP